アルル旅行記3日目

9月29日(木)

今日も朝食はホテルではなく、コーヒー&紅茶専門店で頂きました。さぁ、これから1日カマルグ湿地帯で撮影です。蚊が大量発生しているということなので、虫除けスプレーはおととい薬局ですでに購入済み。準備万端で出発~。
と思っていたら、水も軽食も準備してなかった!ホテルでお薦めされたレストランは木曜日のお昼は休み。そうこうしているうちに自然観察案内所に辿り着きました。水はここでゲット。サンドイッチなどもこの辺りではしばらく車を走らせないと購入できない、ということなのでそれならばと事前にチェックしておいた美味しそうな1つ星レストランへ向かいました。途中、白馬と雄牛を発見。小さな闘牛場まであって、ここで今夜雄牛の角にロープをかけるスペクタクルが催されるとのこと。是非いらっしゃい、と誘われました。でも、夕日の撮影があるからなぁ~。でも、嬉しいな。メルシー、ムッシュー。
e0066571_6385346.jpg
昨日レストランで頂いたカマルグ産の赤ワインの製造元の看板を見つけて寄り道


e0066571_6411514.jpg
出迎えてくれたお年寄りのラブ
12歳
歩く時もヨロヨロ~
蚊が沢山たかっていて
自分でははらえないようだったのではらってあげたら本当に嬉しそうでした


e0066571_6443692.jpg
カマルグは白馬の
産地としても有名
丈夫な馬で、
雄牛を捕獲する時や
その他作業馬として
活躍してもらうそうです


e0066571_650128.jpg
カマルグ特有のシャツと帽子
お髭もいい感じのムッシュー
隣のマドモワゼルは
私はカマルグらしい
衣装じゃないけどね
と言いながらニッコリ



e0066571_6535271.jpg
ここはまだ湿地帯
この辺りにもフラミンゴがいましたが、なかなか近づけません。野生なのですね~
塩分の濃いこの地域の小さな甲殻類を食べるのでピンクになるそうです。

さて、寄り道をしながらレストランに到着。予想以上のお料理にすっかりノックダウンされ満足感いっぱいでカマルグ探検続行!塩田を通り過ぎ真っ直ぐ南に下るとそこは地中海。しばし、広い砂浜を散策。ここで、素敵なご夫婦に遭遇。プードルとパピヨンの雑種でとても元気なワンちゃん連れ。たきびの画像を見せたりしながらすっかりマダムと話し込んでしまいました。散策していた叔父が戻ってきて、車でもっと向こうまで行こうということになりました。実はマダムに聞いて知っていたのですが、この砂浜の向こうはヌーディストビーチ。ヌーディストゾーンではすれ違う車は裸・・・、キャンピングカーで生活している人も裸・・・ブラブラしたものを見たような見なかったような・・・。叔父、驚いてました。

e0066571_6582616.jpg

地中海だ~~
久し振りの海だ~~~


e0066571_703770.jpg
ヴェニュス(ビーナス)ちゃん連れのご夫婦
アルル在住
とっても幸せそうな雰囲気が漂っていました
時々この海岸にいらっしゃるそうです


e0066571_722291.jpg
ヴェニュスちゃんが走っていった先は・・・
3匹の犬連れの2人連れ
わんこがいっぱいで嬉しいな~

さて、今日のメインの夕日の撮影のため、フラミンゴが沢山いるというスポットへ向かいます。フラミンゴ達は夏の間このカマルグで生活し、秋にはアフリカ大陸に戻っていきます。フラミンゴに夕日、見てみたい~。あれ?もしかして道間違ってる?農家の方に道を聞いて再度出発~。ん?柵がしてあるけど・・・。叔父、この柵をはずしてどんどん入っていきます。何か変だなぁ。馬の足跡みたいなのがあるから散歩する人はいるみたいだけど・・・。あ、急にぬかるみが!と思った瞬間、車は動けなくなっていました。すぐ携帯でレンタカー会社に連絡を取りました。が、今どこにいるか、って聞かれても~。湿地帯のど真ん中で道の名前も無し、一生懸命思い出しながら最後に見た地方道番号と標識を説明して。。。そうこうしているうちに携帯のバッテリーが少なくなってきた。ひゃ~。叔父と一緒に日が暮れる前に取りあえず農家まで戻ろうということにして、車を後にてくてく歩いて引き返します。蚊の多いことといったら、スプレー振っておいて本当に良かった。どうやら私達は私有地に入り込んでいたようです。家が一軒あり、ここも馬と牛を飼っていて小さな闘牛場を所有しているところでした。きっと私達が誘われたスペクタクルを観に行っているのでしょう。モスグリーンの標識はここの闘牛場の名前だったのだ、とこの時気がつきました。私達を助けに向かってくれている車(レンタカー会社が直接連絡が取れるよう教えてくれました)に携帯でこの場所の名前を告げると、「あ、そこか~!あと3,4キロで到着するよ」と嬉しい知らせ。良かったぁ~。無事ぬかるみに入った私達の車を救出。とても感じのいいムッシューで、もしかしたら夕日が完全に沈むまでまだ間に合うかもしれないよ、と別のスポットを教えてくれました。


e0066571_753494.jpg
レンタカー会社に連絡後、車を降りて戻り道。小さな闘牛場のある家の前には雄牛達がいました。レスキュー隊ムッシューから聞いたところでは、私有地に残っていた足跡は雄牛のもので、あの柵は牛の為のものだそう・・・。(~絶句~)
知らぬが仏とはこのことですね(知ってたら車から出られなかったよ~爆)


e0066571_77576.jpg

ぬかるみに入った車を救出
綺麗な夕焼けが~
夕焼けがぁ~
レスキュー隊ごくろうさま。
本当に助かりました!


懲りずに夕日撮影に向かう叔父と私。フラミンゴが飛んで戻ってくる姿は撮影できなかったけど、確かにここにはフラミンゴ達がいました。そして素敵な夕日。ハプニングがあったけど、旅が終わればこれも思い出。夕日撮影に向かう途中で、キツネが道路を横切った姿を見て、たきびを思い浮かべました。キツネの尻尾はふさふさで真っ直ぐ、先が白かったです。


e0066571_7232670.jpg


当初の目的地はこの南側
ここは北側のスポット
夕暮れも最後の瞬間
フラミンゴ達の姿は暗くてよく見えなかったけど
鳴き声が響いていました
遠くには大きな群れもいたようです
(暗くてはっきり見えなかった)

泥んこになった車でアルルまで夜道を戻り、洗車してホテルに戻るとすでに21時を回っていました。叔父は部屋でワインとチーズ。私は予約を入れておいたレストランで1人ディナーとなりました。スペインの赤ワインをグラスで頂いて、暖かい料理を食べてほっと一息。
e0066571_728354.jpg
ピスタチオとモリル茸のソーセージとマスタード
つけ合わせは蒸しじゃがいもにフロマージュブランとあさつきのソース

長い1日でした!
[PR]
by takibi_kirakira | 2005-10-03 22:35 | 日記


愛犬たきび、お料理     ニースの風景


by takibi_kirakira

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新の記事

BONNE ANNEE 2013
at 2013-01-13 05:28
ニース中心広場での日本支援イ..
at 2011-04-03 07:16
東北地方太平洋沖大地震
at 2011-03-15 07:45
柴犬大ちゃん&姫ちゃんと散歩
at 2011-03-08 07:02
プリンセススーク
at 2011-03-05 07:20

カテゴリ

全体
レシピ
日記
パリの風景
お料理
今日のたきび
お出かけ
レストラン
旅行
フランスワン事情
散歩道
食材
ベストショット
ニースの風景
南仏の風景
クッシング病
未分類

Link

フォロー中のブログ

愛犬中心的生活日記
Have your ca...
My funny Val...
気まぐれ日記 Blog ...
お散歩で・・・
miiba-ba&舞の日記
小国での日々 第6章
水色の雨
お花いろいろ・レザンジュ...
パリの郊外暮らし
麦畑のむこう
柴カフェで夕食を
Hej! ヨーロッパの北...

以前の記事

2013年 01月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 07月
2008年 11月
2008年 03月
2008年 01月
2007年 10月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月

ライフログ


剣客商売 包丁ごよみ


Le Parfum


笑うイヌ


柴犬ファミリー (2005年版)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
犬

画像一覧