カテゴリ:旅行( 46 )

ポルトフィーノ~ニース旅行:その3

旅行3日目。ポルトフィーノからニースへ移動です。フランスから手配していたので、予約していたのは、ジェノバ‐ニース間のチケットだけ。サンタ・マルゲリータ・リグレ‐ジェノバ間のチケットは現地調達でした。ジェノバでの乗車時間の30分前ぐらいに到着する列車にしようと思っていたら、窓口のマダムが、「もう1つ前の列車なら安いわよ。わざわざ高いチケットを購入することはないんじゃないの?」と、言ってくれて(私はイタリア語はダメ。マダムもフランス語はダメ。で、この会話は英語でした~)、少し予定より早めの列車のチケットを購入。ポルトフィーノからサンタ・マルゲリータ・リグレまではバスで移動し、順調に鉄道の駅まで到着したので、結局、予定より2本早い列車でジェノバに到着。約1時間の待ち時間がありました。この待ち時間、駅構内でゆっくり待てる場所が見つからず、困った~。この日も暑い日でしたが、駅構内はエアコンは無く、簡易クーラーを設置している本屋さんや、荷物預かり所で涼みながら過ごしました。駅前の売店で立ち飲みしたエスプレッソが美味しかったです。目が覚めるぅ~!

さて、位置関係ですが、ミラノから南下するとジェノバ。ジェノバから東へ進むとサンタ・マルゲリータ・リグレで、その南にポルトフィーノがあります。ジェノバから西も海岸が続き、国境を越えると南仏コートダジュールです。

時間通りにジェノバを出発。列車は海岸沿いを走ります。砂浜で泳ぐ人々や、イタリアらしい家々を見ながら3時間。車内はエアコンつきだったので快適でした。(エアコン、本来は好きではないのですがこの暑さだとありがたい…)同じコンパートメントに乗ってきたイタリア人ムッシューがフランス語を話す人だったので、ちょっと世間話。これから家族に合流して、スペインの島に1ヶ月のバカンスに行くということでした。「仕事はもう沢山だから、ちょっと休まないと!」

国境の町、Ventimiglia(ヴェンティミリア)でしばらく停車。駅ホームには国境警察の標識が見えますが、パスポート検査も何もナシ。EC統合以来、通貨もユーロなので両替などしなくてもいいし、旅行が楽になりました。

国境を越えて、南フランスの地中海岸へ。不思議ですが、国境を越えた途端に、家の感じ、町の感じ、空気が違って見えます。長い歴史の中では同じ国に属していたであろう場所も沢山あるはずなのですが~。フランスの海岸や町はとても手入れが行き届いている感じでした。

予定時間より少し遅れて、ニースに到着。ホテルは駅と海の中間地点に位置するホテルです。もっと海辺にも候補はあったのですが、ホテルの規模や設備、電話応対の感じなどからこのホテルにしました。2棟に分かれていて、レセプションも2つ。窓から教会が見える部屋でした。

e0066571_1759135.jpgもう21時を回っています。着替えて夕食に出かけなくては。ホテルの近くに良さそうなラウンジバーがあるようだったので、そこに行ってみました。(最近パリでもカフェがこういったラウンジっぽい感じのカフェバーになってきていますが、昔っぽいカフェにも生き残ってもらいたいですね~)

ニース風サラダ。
ツナ、アンチョビー、ゆで卵、オリーブ
サラダ菜数種類、トマトの入ったサラダです。
メニューに、「本物のニース風サラダ」と書いてあります。(笑)
e0066571_17594484.jpg

車海老のリゾット。
美味しかったです~~。

e0066571_1883277.jpg
夕食の後、夜のニースの街を散策。
22時過ぎですが、人通りの多いこと!
ワンちゃんも沢山見かけました。
e0066571_1810138.jpg
朝市の広場へ。
あら、夜はレストランのテラス席になっているんですね~。
すごい人でした。

次は、ニースの朝市と海辺です。
[PR]
by takibi_kirakira | 2006-08-04 09:46 | 旅行

ポルトフィーノ~ニース旅行:その2

ポルトフィーノには列車の駅は無いので、サンタ・マルゲリータ・リグレという駅で下車してそこから、バスやタクシーまたは船で移動です。船は大好きなので乗りたかったのですが、夜行列車でミラノに到着して、その日のうちにミラノからさらに列車で移動したばかりだったので、今回はタクシーを利用しました。約7キロの道のりで10分足らずで到着。タクシー料金は35ユーロ。(高い!往復料金を請求するのでしょうね~)サンタ・マルゲリータの鉄道駅は丘の上にあるし、ポルトフィーノのホテルも丘の上…。荷物がある場合は船の乗船はちょっと大変そうです。が!ちょうど、バスストップがホテルの前にあったので、帰りにバスを利用したところ、乗車賃は2ユーロちょっと。サンタ・マルゲリータ・リグレの海岸前を通って、鉄道駅のすぐ横が終点でした。所要時間、約20分。発着の時間さえ把握していれば、とても便利な交通手段です。バスで港まで行って船、というのも良かったかも。
e0066571_22475554.jpg
今回の宿泊地
Hotel Domina Inn Piccolo
e0066571_22552422.jpg
ホテルの窓からの眺め

右下はホテルのプライベートビーチ。
中央はクルーズ船。
その右奥がポルトフィーノの入り江
e0066571_22584550.jpg
プライベートビーチ
小さいですが、ホテルからビーチの途中にいくつも長椅子が置いてあって自由に使えます。
シュノーケリングすると楽しそうなところでした。
もし、今度行くことがあったら、シュノーケル持参で行かなくては!
e0066571_233026.jpg
ホテルの裏から街までは路地のような可愛い散歩道があります。
散歩道からの風景。
ネットでポルトフィーノを検索すると、街の風景とこの風景をよく見かけました。この散歩道からの風景だったんだな~と納得!画像の建物は個人の別荘?ホテルではなさそうでした。
e0066571_23144948.jpg

散歩道途中ではよくトカゲを見かけました。
タイルの標識。可愛い~。
e0066571_23164953.jpg

散歩道はここで終わり。
道路を横切って、教会の前へ。
ジグザグの階段を降りると街です。
e0066571_2320621.jpg
広場に出てきました。振り返ると教会の尖塔が見えます。広場の周りにはレストランやブティックが並んでいて、コンパクトながら、高級ブティックもあります。小さな街ですが、高級リゾート地らしく物価も高~い。実は、夕食の後、隣にあった小さなブティックが気になって入ってみたところ、買っちゃいました、いろいろと…。もう今年の夏のお買い物はこれで打ち止め!!
e0066571_23255186.jpg絵葉書を購入したお店のマダムにいつくかお薦めのレストランを教えてもらいました。ディナーは広場沿いの有名レストランの隣にある小さなレストラン。たことジャガイモのサラダ、海の幸サラダ、ラザーニャ、バジルソースのパスタ、いわしフライを頂きました。たこがとても柔らかくて美味でした。もぅ、全部美味しい~。
画像は翌日のランチのボンゴレとピザです。
e0066571_23324984.jpgおぉ~、本場のボンゴレはやはり美味しい~。
ピザは生ハムとルッコラ。ピザも美味しいぃ~。

*ランチのレストランは絵葉書を売っているマダムのお店の向かいにあるレストランにしました。
前日のレストラン同様、リーズナブルで美味しかったです。


e0066571_23521878.jpg28日・29日と暑い日が続きましたが、ホテルはクーラー完備だったので助かりました。
1泊、約24時間の滞在。
綺麗な風景と美味しいお料理で満足!

次は南仏ニースに移動です。
[PR]
by takibi_kirakira | 2006-08-02 15:37 | 旅行

ポルトフィーノ~ニース旅行:その1

7月27日から31日までの旅行日記を少しずつアップしていきます。

今回の旅行は、たきびとムッシューみつはパリに居残りでした。
27日に夜行列車でパリからミラノへ移動。出発が少し遅れましたが、予定より10分早く無事ミラノに到着。荷物は駅の預かり所に預けておいて、約5時間街を散策して、お昼頃に荷物を受け取り、今回の最初の目的地、ポルトフィーノに向かいました。東京ディズニーシーのモデルになっているイタリアの小さなリゾート地です。
e0066571_732284.jpg
色使いがさすがにイタリアっぽいですね~。行ったことがないので私は分からないのですが、ディズニーシーはこの入り江にそっくりだそうですね。

e0066571_734556.jpg
磯の香りが強い海。魚がたくさんいました。
[PR]
by takibi_kirakira | 2006-08-01 23:58 | 旅行

南仏旅行その9: 4歳のたきび

昨年はたきびの誕生日をスイスの夏山で迎えましたが、今年は暑~いさかりの南仏コートダジュールへ。約10時間の道中(休憩時間含む)も問題なし。仔犬の頃から車に乗るのが大好きで、自分から飛び乗ります。まだ抜け毛が出るので往きはTシャツを着てもらいました。e0066571_2132567.jpgドライブインで休憩するたび、特に親子連れから「あら~、シャツ着てる!」と注目の的。このTシャツは昨年ムッシューみつが日本で購入してきたものです。
クッションはクリスマス&新年のサン・マロ旅行時に購入したもの。運転席と助手席間用、幅もぴったり~。たきびはよくこの場所に来て寝ています。
e0066571_2201729.jpgマダムの別荘にて。
初めての場所は必ず探検します。一通り見ると落ち着きますが、プールの温度計が風でゆらゆらしているのが気になっている様子。この別荘は囲いがなく、野良猫も多いということなので、ずっとリード付きでした。ノーリードで猫ちゃんを見つけたらきっと追いかけていってしまいますからね~。
4歳になっても呼び寄せは完全ではありません…。
e0066571_2253228.jpg午後の暑い時間帯に出かける時はたきびはお留守番でした。宿泊地に戻ってきて下から部屋を見上げると、カーテンがさ~っと風で動いたように見えたのです。風の正体はたきびでした。私達の気配を察知したようです。このホテルはサン・マロでの宿泊先と同じようにキッチン完備、シャワー付き、掃除はセルフ。自分達以外の出入りはない様子だったので、お留守番中もたきびをケージに入れず自由にさせておきました。
e0066571_2365886.jpg
中庭を通って階段を登って部屋に辿り着くと、たきびがパリの家でするのと同じようにおもちゃを持ってお出迎えしてくれました。

最近のお気に入りのゾウさんです。
今回はたきびと一緒に旅行しました。
e0066571_2391011.jpg
短い滞在中、2日連続でテニスコートへ。

暑くなる前、午前中早めのテニス。
利用者も少ないということで、たきびも同行。
コート外のベンチで待っていてくれました。
ん~、いいお顔。
e0066571_2463169.jpg
テニスの後、海岸へ。
宿泊地から車で15分ぐらいのビーチです。本来はワン禁止なのですが、時間帯によっては黙認されているよう・・・。
霞がかかっているので、コートダジュール本来の真っ青な海ではありませんでした。フランスの北の海と南の海、たきびに違いはわからないだろうなぁ~。サン・マロの砂浜と同じように、石で遊んでいます。
e0066571_2513089.jpg
自分から海に入って行くものの、ある程度の深さになると、前足でチョイチョイと水かき。(笑)
泳がせてみたい気がしたものの、ワン禁止ビーチではさすがに人の目が気になって~。
e0066571_2555194.jpg
ちょうどラベンダーの季節だし、南仏プロヴァンスに日帰り旅行という話が出た時、ラベンダー畑を見に行きたかったのですが、ムッシューみつのリクエストで「グランド・キャニオン」と渓谷ボート遊びを優先しました。ああ~、憧れのラベンダー畑・・・。ランチを頂いたレストラン敷地内のラベンダーで今回は我慢です。素敵な香りでしたよ~。

今回の旅行はたきび4歳記念旅行でもあったのですが、飼い主の行きたいところへ連れて行かれたような…。どこがいい?と聞ければいいのですけれど、そういう訳にもいきませんね。たきびも嬉しそうに見えるので、お誕生日プレゼントになったかな?

4泊5日でしたが、内容が濃い南仏コートダジュール&プロヴァンス旅行でした!
(おわり)
[PR]
by takibi_kirakira | 2006-07-10 19:02 | 旅行

南仏旅行その8: サントロペ

今回の旅行中はずっと気温が高く暑い日が続き、午後は暑すぎて活動する気になれず・・・。滞在2日目は午前中テニスと海辺に行き、昼食はホテルのキッチンを使ってサラダを作り、その後はたきびと一緒に昼寝…。夕方近くになってサントロペに散策に出かけました。e0066571_2381316.jpg
ムシムシしたお天気。夕立がきそうでこない。

岩場とパステル調の家々がいい感じ。
e0066571_23121162.jpg
細い路地がある裏通り。
何ともいえない雰囲気、好きです。

表通りの方は、ブティックやカフェが並び、ファッショナブルな人多し。ヨットハーバーには高級ヨット達が並んでいます。ヨットの豪華さに驚いて画像撮り忘れました~。
e0066571_23213399.jpgアイスクリーム。ヨットハーバーから小路に入ったお店。ここは友人マダムご推薦のお店で、老婦人姉妹の手作りアイスだそうです。ミルクといちじくにしました。いちじくは大好物なのですが、ジャムやアイスにすると地味な味でいまいちかな~。後で聞いたところによると、ここのフランボワーズは大変美味しいそうですよ~。
この画像を撮影してカメラをバッグに入れようとしたら、「グイッ」、ん?変な感じ。小学生ぐらいの男の子のが、バッグに手を入れようとしたようです。アイスを買っている両親を待っているのかと思っていたら、どうやら小さな泥棒さん兄妹だったようで~。被害はありませんでした。
e0066571_2331253.jpg

教会もパステル調!?

南仏旅行その9(最後)へ続く・・・
[PR]
by takibi_kirakira | 2006-07-08 15:57 | 旅行

南仏旅行その7: 渓谷ボート遊び

まだまだ続く南仏旅行編、今回は日帰りで行ったプロヴァンスでのボート遊びです。
6月下旬から7月初旬はラベンダーが咲く季節。南仏プロヴァンスはラベンダーの産地なので、ラベンダー畑に行ければいいなぁ、と思っていたのですが、ムッシューみつのリクエストでフランスの「グランド・キャニオン」へ。白い岩肌の広大な風景が広がっていました。ここはどこ?と不思議な感じにさせられる景観。フランスでも美しい渓谷として有名な、La Gorge de Verdon ラ・ゴルジュ・ド・ヴェルドン(ヴェルドン渓谷)がこの辺りなので、たきび連れでボートに乗ろうという計画です。(この日帰り旅行の話が持ち上がった時、私の頭に浮かんだのは…もちろんこの渓谷の近くにあるレストランのことだったのはいうまでもありません…)e0066571_2141161.jpg
くねくね続く山道(渓谷道?)、暑い日だったにもかかわらず、まるでクーラーが入っているように涼しくて快適~。

下を見下ろすと、渓谷の奥に緑色の水面がちらっと見えました。
e0066571_21515175.jpg
グランド・キャニオン沿いの道を進んで行くと、サント・クロワ湖が見えてきます。ランチはこの湖の北東数キロの村で頂きました。ランチの後、この湖まで戻り、足漕ぎボートを借りてたきびと一緒にヴェルドン渓谷ツアーへ出発。
e0066571_2245481.jpg足漕ぎボートは、私達が借りた2、3人用のシンプルなものから、家族用で小さな滑り台がついているものもあってビックリ。16時頃でしたが、沢山のボートが渓谷の間を進んでいます。戻ってくるボートもいるし、しっかり舵を取ってぶつからないようにしなくちゃ。
たきびは、余裕の笑顔!?
e0066571_22121621.jpgいいえ、とんでもない!

乗ったときからブルブル震えていました。ムッシューみつが、よしよし、と膝に乗せている間もずっとブルブル~。途中、漕ぐのも疲れたので少し水面で休憩し、その後しばらくムッシューみつ1人に漕いでもらって、私はたきびとボートの前面にいたのですが、その時は川を覗き込んだりして、ブルブル~もナシ。今度私が漕いでムッシューみつがたきびと一緒にいると、またブルブル~。これはきっと甘えているに違いない・・・。
e0066571_22212583.jpg
珍しい犬種ということもあってか、すれ違うボートに随分注目されていました。ラブラドールやプードルも見かけましたが、ワン連れは少なかったです。

渓谷を進むにしたがってボートも少なくなってきました。
e0066571_22303319.jpg
1時間半のボート遊びも終わり間近。
夕方の日差しも強いのでたきびに濡れタオルをかけてあげました。
最後は湖面を眺めながら、ちょっと余裕が出てきたかな~。(笑)

初めてボートに乗ったのはスイスの湖で、最初から最後までブルブル~だったたきび。今回は少し慣れてくれたようです。

南仏旅行つづく
[PR]
by takibi_kirakira | 2006-07-08 14:27 | 旅行

南仏旅行その6: 犬

今回の旅行中、柴犬には出会いませんでしたが、いろいろな犬種のワンちゃん達を見かけました。中でもつい微笑ましくて笑ってしまったのが、南仏プロヴァンスの村で見かけたワンちゃん。ヨーロッパではよく見かける長毛の猟犬で色は白黒でしたが、教会の鐘の音に合わせて、「ウォ~ン、ワオォ~~ン、ワォ~ン」。鐘の音が鳴り終わるまで遠吠え。マルシェで店を出していた若いムッシューが飼い主さんで、「この犬は救急車やパトカーのサイレンや教会の鐘の音を聞くといつもこうなんだよ!」と言ってました。車で移動中も歌が聞えると遠吠えするとか。一緒に歌っているんでしょうね~。
一生懸命遠吠えしているのが可愛かったので、鐘の音が終わってから撫ぜさせてもらいました。そしたら、横にいたお友達ムッシューが「僕も遠吠えしたら撫ぜてもらえるのかな?」だって。そういうやりとりを楽しんでいる間に、ムッシューみつとたきびは随分先まで歩いていました。e0066571_3552840.jpg
ムスティエ・サント・マリーの観光局正面の壁に設置されていたウン袋ディストリビューター。この村では本当に沢山のワンちゃん連れがいました。マルシェが出ていたせいもあるのでしょうが、ここはお散歩に来る人が多いのかもしれませんね~。

袋はパリと同じく黒で形もサイズも同じでした。
e0066571_411796.jpg
これは、コートダジュールの村グリモーで見かけたディストリビューター。もちろん、頂いて帰りました。
パリは最近、空のディストリビューターが多くて困ります。南仏はちゃんと補充してあるみたいでいいなぁ~。
e0066571_4112126.jpg
テニスコートの管理人さんのワンちゃん。たきびに挨拶しようとしてくれたのですが、たきびは「ヴ~」。
犬&人懐っこいワンちゃんでした。
e0066571_4131635.jpg

サントロペにて。
ワンちゃん専門店前にいたチワワちゃん。
いや~ん、しっかりカメラ目線してくれるのね~。
e0066571_4174293.jpg
専門店の店構え。
店内ではワンちゃんのトリミング中でした。

派手派手ピンクのお洋服が沢山ウィンドーに飾られていて、さすが、サントロペ。。。

人間用のショップでもここサントロペはキンキラ派手派手系のものが主流だそうで~。
[PR]
by takibi_kirakira | 2006-07-06 20:41 | 旅行

南仏旅行その5: 村

e0066571_55501.jpg南仏コートダジュールの村の1つ。
Gassin(ガッサン)

標高201メートルの丘の上に建つ中世の面影を残す村。
サントロペから西南に7.5キロ。家々の淡いパルテル調の色あいと細い路地がいい雰囲気です。落ち着いた静かな村でした。
e0066571_5223512.jpg

RUE CENTRALE 中央通り、と書いてあります。
お城のマークが素敵。
通り全て、このお城マークつきで表示してありました。

e0066571_5371467.jpgサントロペにも、次に紹介する村にもこういう感じの通りがありました。
この地方は古い町並みが沢山残っているようです。
中世時代にはパリの排水溝も道の真ん中にあったとか。

いいな~、こういう感じ。この村の壁の色、ホンワリした気持ちにさせてくれます。

でも、通り抜けたら別世界に飛んだりして!
(あはは~、夢見る夢子さんですから~:笑)
e0066571_5385577.jpg
Grimaud(グリモー)

サントロペから西10キロに位置し、紀元前600年にはすでにこの地に村があったそうです。標高100メートル、廃墟のお城と城壁を持つ村。

この日はあまりの暑さにたきびはホテルでお留守番。車を村の麓に駐車して、お城の標識につられて道を登ったら・・・
汗だくになりました。
e0066571_54929.jpg
この地方でよく見かける花、ブーゲンビリア。
名前は知っていたけれど、実物は綺麗でした~。
青い空とこの土地の建物の色にとても合ってますね。
e0066571_55231100.jpg

村からの眺め。
この日も霞がかかっていて、海がぼんやりとしか見えませんね~。
e0066571_5563452.jpg
3日目に南仏コートダジュールから日帰り旅行した時にたきびと一緒に訪れた、南仏プロヴァンスの村。

Mousiers-Ste-Marie
(ムスティエ・サント・マリー)

村の後ろはすぐ岩山、教会も岩山の上にありました。渓谷ボート遊びを控えていたので、また次回~。
この村の麓に前回紹介したホテルレストランがあるのです。
e0066571_64131.jpg
朝市がたっていたのでチェック。小さい村なのに随分活気があります。ここでプロヴァンスにんにくをゲット~。香りが強くしっかりした味のにんにくです。
お野菜や果物も美味しそうでしたが、明日パリに戻るので我慢、我慢・・・。
e0066571_674594.jpg
村の中に小さな滝もあったりして、コートダジュールに比べると少し涼しかったです。
それから、この村は犬連れが多くて驚きました。

今回はこの3つの村だけでしたが、コートダジュールもプロヴァンスもこういった小さな雰囲気ある村が点在しているようなので、これから毎年少しずつたきびと一緒に訪れたいと思っています。
[PR]
by takibi_kirakira | 2006-07-05 22:04 | 旅行

南仏旅行その4:食事

今回の旅行中、レストランでの食事は高速道路脇のドライブインを含めて4回。夕食はフランス人マダムの別荘で3日連続ご馳走になってしまいました。1日目、2日目は友人夫婦の奥様が作ってくださったお料理(奥様はお料理上手な方で、パリにいる時に何度かお料理交換したことがあるのです)、3日目はマダムの家庭フレンチ料理を頂きました。e0066571_2314482.jpg
豚肉のロティ、じゃがいもとたまねぎ。
焼き色をつけて、皮を剥いたたまねぎを丸ごと入れて、水を少し入れて約1時間。その後、ジャガイモを入れて30分蒸し焼きにするそうです。
常に見張っていないといけないそうで、水加減がミソ。
大変美味しかったので今度トライしてみなくては。
e0066571_2381787.jpg
4日目に南仏プロヴァンスのヴェルダン渓谷へ行った時、ちょうど近くにアラン・デュカスのレストランがあったので道中予約してランチを頂いてきました。1つ星レストランです。
(ランチにしては少しお値段が高かったのですが、珍しくムッシューみつも乗り気!チャンス!)
e0066571_23141157.jpg
日替わりのメニュー。44ユーロと57ユーロ。
ランチなので、1品前菜が少ない44ユーロの方をチョイスしました。つき出しには、レストランの敷地で作られているラディッシュと地方特産のオリーブペーストやアンチョビーペーストを乗せたミニトースト。大きめの綺麗なラディッシュはピリッと辛めで美味~。
e0066571_23225097.jpg私は前菜に「クルジェット(ズッキーニ)のいろいろ」をチョイス。この花付きクルジェット、南仏ではよくレストランに出てくるようです。以前から食べたいと思っていたので念願が叶いました。クルジェットも緑のものや黄色のものがあって、花の中には詰め物が入っていて美味し~い。お花の天ぷらも綺麗で美味しかった。(箕面のもみじの天ぷらを思い出しました←ローカルな話題ですいません。)

e0066571_23285998.jpgメインの牛肉とアーティーチョーク。
焼き加減を聞かれて、ア・ポワン(ミディアム)と注文したんだけど…ちょっと焼きすぎかなぁ~
ソースは骨髄ソースでほんのり甘め、美味しかったです。
e0066571_23322097.jpg久し振りに見たチーズの山!
フランスの地方に旅行してレストランに入ると、チーズがカートに乗せられてガラガラ~とテーブルにやって来ることが多いです。チーズ好きにはたまりません!
もちろんパリでもこうしてサービスするレストランがありますが、高級レストランに限られます。この地方のチーズがほとんどで、2種類だけイタリア産。ヤギのチーズが多かったです。
e0066571_2337262.jpgこの中から4種類頂きました。ヤギ2種類、ヤギと牛のチーズ1種類、牛のチーズ1種類。ヤギのうち1種類はブルーチーズでほんの少しだけ青かびが入っているタイプ。
あら、いつの間にかテーブルにサラダ菜も来ていました。チーズに目が釘付けだったから気がつかなかった。(笑)
サラダ菜はバルサミコ酢とオリーブオイルのドレッシングで和えてあるようです。チーズ用のパンをお持ちしましょうか?と聞かれて、もちろんウイ!イチヂクパンとレーズンパンを頂きました。
e0066571_23444140.jpgデザートのフルーツミネストローネ&ハーブシャーベット。
ハーブは、verveine(ヴェルヴェーヌ)。日本名を辞書で調べたら、クマツヅラ。フランス語名の方が優雅な感じでいいですね~。ハーブティーにもよく使われているハーブです。このシャーベットが絶品、フルーツ達もフレッシュで、もうぅ、美味しいぃ~。幸せ~。
と思っていたら、アプレ・デセール(デザートの後の1品)が出てきました。こちらはブラン・マンジェ、アプリコットソース。このアプリコットが濃厚で凄かったです。ちょうど今が旬だそうです。
e0066571_23525281.jpg
Bastide de Moustiers
au sud du village, par D952 et route secondaire
Moustiers-Ste-Marie 04360
TEL: 04 92 70 47 47

あら、住所は町の名前だけで通りの名前がなくて、村の南、地方道952から小さな道へ、と書いてあるだけです。このレストランはホテルレストランになっていて、素敵なプールがありました。宿泊して美味しい食事&プールもいいですね~。わざわざニューヨークから宿泊しに来ていてるカップルもいました。村の様子は次の日記で紹介します。
e0066571_015043.jpg
ランチの後は、目的の渓谷ボート遊び。夜、コートダジュールに戻って村のレストランでパエリャを頂きました。このパエリャは10ユーロなり~。ボリュームたっぷりで美味しかったです。宿泊先の町には特に美味しいレストランはないようですが、このレストランはお客で満席、ピザや鳥の丸焼き&フライドポテトなど、簡単なお料理ながら、このコストパフォーマンスは素晴らしい・・・。

昼食は宿泊先でサラダを作ったり、お肉屋さんで仕入れた仔羊肉を焼いて食べたり、今回はレストランに行く回数が随分少なかったです。というのも、この南仏コートダジュールはレストランが高~い!愛用のゴーミヨガイドを見ても、ん?この点数でこのお値段?という感じです。そんな中、2軒ほど宿泊地の近辺で行ってもいいかな、と思ったレストランがあったのですが、それはまた次回。何かやり残したことがあるとまた来れるはずですからね~。

追記:ヤギチーズもう1種類は、ラベンダーの花が上に乗っているチーズで香りが移っていてなかなか良かったです。初めて食べました。
[PR]
by takibi_kirakira | 2006-07-03 15:52 | 旅行

南仏旅行その3: 昼寝

e0066571_8262338.jpg連日30℃を超える暑さに午後は活動する気になれず・・・
ホテルのキッチンで昼食を準備して頂いた後は、そのまま昼寝して、夕方また活動開始ということが多かったです。
e0066571_826519.jpgホテルの部屋にて。

ベッドにたきびタオルを敷いています。
気持ち良さそう~。

ソファーにもたきび用シーツを敷いていたので、そこでもよく寝ていました。
e0066571_8274311.jpg
e0066571_8281244.jpg日帰り旅行先のプロヴァンスのレストランにて。

レストランのテラスでもお昼寝。
本当に気持ち良さそう☆

テーマ別旅行日記つづく…
[PR]
by takibi_kirakira | 2006-07-03 01:19 | 旅行


愛犬たきび、お料理     ニースの風景


by takibi_kirakira

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新の記事

BONNE ANNEE 2013
at 2013-01-13 05:28
ニース中心広場での日本支援イ..
at 2011-04-03 07:16
東北地方太平洋沖大地震
at 2011-03-15 07:45
柴犬大ちゃん&姫ちゃんと散歩
at 2011-03-08 07:02
プリンセススーク
at 2011-03-05 07:20

カテゴリ

全体
レシピ
日記
パリの風景
お料理
今日のたきび
お出かけ
レストラン
旅行
フランスワン事情
散歩道
食材
ベストショット
ニースの風景
南仏の風景
クッシング病
未分類

Link

フォロー中のブログ

愛犬中心的生活日記
Have your ca...
My funny Val...
気まぐれ日記 Blog ...
お散歩で・・・
miiba-ba&舞の日記
小国での日々 第6章
水色の雨
お花いろいろ・レザンジュ...
パリの郊外暮らし
麦畑のむこう
柴カフェで夕食を
Hej! ヨーロッパの北...

以前の記事

2013年 01月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 07月
2008年 11月
2008年 03月
2008年 01月
2007年 10月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月

ライフログ


剣客商売 包丁ごよみ


Le Parfum


笑うイヌ


柴犬ファミリー (2005年版)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
犬

画像一覧